屋久島 霧島 桜島 自動ドア オートドア セキュリティ 電磁錠

寺岡通信NO.192

所用があり、大津市に出掛け、その帰りに彦根城に立ち寄

りました。紫式部ゆかりの石山寺に行こうか?それとも最

近のNHKの大河ドラマに縁の深い彦根城?と迷いました

が、後者を選択。天守閣はマアこんなものかと、感慨も中

くらいでしたが、建物の幾何学性と無造作に積まれた城壁

の石積の無秩序さのコントラストに興味を惹かれました。


・・・・季節の風景・・・・

各地に残された城址をかなり見て参りましたが、現存する

お濠はここが最高ではないでしょうか?標高50m余りの

何の変哲もない小山に手を加え、広大で難攻不落の城に仕

立て上げた当時の築城技術には只々敬服するばかりです。

ピラミッドのようなシンボル性はありませんが、歩くた

びに周囲の風景が刻々と変化する日本庭園そのものです。


・・・・今月の自動ドア・・・・

井伊直弼が日夜茶道に励んだ茶室と庭園です。彼が茶の名

人であったことは有名ですが、屋敷の中央には本格的な能

舞台も拵え、幽玄の美も探究していたようです。その他の

展示物を見て回ると、泰平の世に文武両道に励んだ大名達

の生活振りが目に浮かぶかの如くに保存されていました。